スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらく旅に出ます。


かに座M001
かに座M001

というわけで名古屋から仙台へ
車で旅に出ます。

今回で2回目だけど
出張で頻繁に遠方へ車で移動してる
僕にとってもさすがに仙台は遠い。

かといって新幹線の案もあったけど
なんだか味気ないので頑張ることに。

ただよくよく考えてみると
1回目の時って高速道路どんだけ乗っても
1000円という民主党唯一?の良品企画だったから
当時、貧乏金無しの僕でも可能だったけど
今回は結構えげつない金額になりそうで怖い。

深夜割引とかも縮小されてるみたいだし
ガソリンもあいかわらず高けーし。

…行く前から気が滅入ってきた。

事故って星にならないよう気を付けて行ってきます。





【デザイン一覧】



スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

ニュージーランドにも砂丘は…あります!


greatNZC006
greatNZC006.jpg

と、べた?なタイトルをつけてみたが
意外なことにこの作品
先日アップした瞬間に即売れしたんで
僕自身驚いている次第。

なぜかというとニュージーランドに対する
一般の人の印象って
”みずみずしくて森林豊かな”
といったところで
普通に苦戦するだろうと思ってたから。

実際に売れたのはモノクロバージョンだったんだけど
とにもかくにもありがとうございます。




【デザイン一覧】



テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

うしぐみ、うれてます。


greatNZC005
greatNZC005.jpg

なぜかしら、うしくんが連続で
売れているので重ねて御礼申し上げます。
うしぐみC001 うしぐみC002 kingカウC001

こうなってくると同じポーズで
いくつもパターンを作るというごまかし?では
商機を失っている気がするので
売れ筋のキャラをもっと生かしていきたい。

それにしても、くまもんみたいな最強キャラ作れたら
なんて日々試行を重ねているが
このくまもんを作ったデザイナー水野学さん
去年扱われた情熱大陸で初めて知って
著書も拝読させていただいたが
やはりヒットさせるための発想力
人並み外れてるなぁと感心させられた。

さぁ頑張るぞ。





【デザイン一覧】



テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

うしぐみ、ありがとうございます。


greatNZC004
greatNZC004.jpg

Tシャツトリニティにて『うしぐみM002』
ご購入いただいた方ありがとうございます。

毎回思うのだが
本来ならそれぞれのTシャツサイトの
ツイッター窓でお礼を伝えたいのだが
このツイッター、何回やっても何をやっても
僕の投稿記事が決して表示されることなく
自分の履歴にしか残っていなく
むなしくなって断念したいきさつがある。

本当は販売御礼や新作告示で利用したいところだが
今のところ打つ手無しである。

僕くらいの年齢になると身の回りに
ばりばり使いこなしてるなんて達人も見当たらず
販売促進の妨げになるとは思っているのだが…。

どうしたもんか。





【デザイン一覧】



テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

12星座デザイン


ふたご座M001
ふたご座M001

先週頭までは平常心を失うほど
世界卓球にのめりこんでいた自分が
懐かしいほど週の中からのんびり過ごした。

本業?であるデザインも再開し現在進行中の
12星座シリーズをせっせこ制作にまい進する次第。

もともとは下部の星座サインをシャツの表面
上部横長のデザインを統一デザインとして背面
にあしらう予定だったが価格の都合もあり
(両面にすると極端に価格が上がるサイトもあるため)
今回はシャツ表面にまとめた。

今後の状況次第ではあるが
両面仕様でさらにキャラを軽くあしらったものを
HOIMI限定で販売するよう検討したい
(HOIMIなら両面でも同価格で設定可能)。





【デザイン一覧】



テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

卓球中国の本当の強さ


おうし座M001
おうし座M001a

まずは
”卓球女子31年ぶりの決勝お疲れ様”

決勝を観戦しながら
なんで中国はこんなに圧倒的に
強いんだろうと考えを巡らせていた。

そんな折、福澤さんのリポートにあった
”日本が中国を本気にさせてます”
といった一言に違和感があったのは
観戦していた卓球経験者なら
僕に限らず感じたことだと思う。


なぜなら中国の選手達は
もちろん日本と戦っているのだが
実際には母国や自チームのメンバー(=ライバル)と
戦っているからである。
だから日本だろうが他の国であろうが
常に本気なのである。

どういう意味か。

中国は日本を含めた他国と異なり
頂点を奪い合うライバルが
国内にあふれんばかりに存在する。

今回代表メンバーがたまたま
ランキング1~5位までそろっているだけで
中国代表だからと言って安泰などない。

たった一つの敗退で代表の座を失い
しいては人生をも変えてしまうことだってあるだろう。

比較対象で日本を取り上げるにはやや抵抗があるが
じゃあ日本に置き換えてエース石川が
負けた場合どうなるか。

少なくともエースという立場は変わらないし
代表から外されることも決してない。

そんな大げさな、なんて
軽くあしらわれるかもしれないが
これが実は強国でいられる
一番の要素なんだろうと試合を見ながら実感した。


昨日までのブログではメンタルという言葉を多用したし
また世界卓球の解説陣も連呼していた。

今日はどうか。

僕の聞いていた限り解説陣からは一言も出ていなかったし
実際、メンタルという言葉で処理できる場面すらなかった。

残念ながら技術云々もさることながら
この鋼のようなメンタルが
彼らを支えていることを3番手のリョウシブン
(先々回の世界卓球団体戦でエースとして
決勝を戦うもシンガポールに敗戦を喫す)
の平野に対する圧倒的な力の差を
見せつけながらも一遍の隙も見せない姿から
感じざるを得なかった。



長々と日本にとってネガティブな事をつづってみたが
日本だって男女ともに明るい材料は多い。

代表選手には丹羽、マツケン、石川のような
まだ伸びざかりの若い選手が多いこと。
特に女子は有望な若手が10代前半から頭角を表している。

どんどん国内で代表を奪い合うような
ライバルが続出してほしいね。

あとテレビ東京さん、今後もよろしゅう頼んます。
他番組をつぶしまくってまで
放送してもらってほんとに感謝してます。

スポンサーに愛想尽かれないよう心から願っております。



【デザイン一覧】



テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

卓球女子おめでとー!!!


おひつじ座M001
おひつじ座M001

いやぁほんとに見てるこっちが
逃げ出したくなるほどの
胃の痛くなる熱戦
ありがとうございました。



”卓球女子決勝進出おめでとう!!”



正直決勝トーナメントまで来ると
選手ごとのランキングはほとんど
無意味に等しいと思わせるほど
僅差の戦いが続く(除く中国)。

そうなってくると
技術以上にメンタルの比重が
格段に大きくなりまた試合をも左右する。



解説陣からもたびたび出てくるこのメンタル。

ぼくもかつてへなちょこプレーヤーではあったが
それなりに大きな場面での
プレッシャーも経験している
(ことごとく押しつぶされたが)。


自分なりにその緊張たるや、
表現させてもらうと
まず身体全体、特に腕が縮こまって
手が伸びなくなりカクカク漫画みたいな動きになる。
こうなるとボールを打つどころか触れるような
ソフトタッチが精一杯で
とても自分の打球を打てなくなる。

ボールに触れた後、相手がミスをするのを
ひたすら心で祈る。といったていたらく。

酷いときには本来攻撃の起点となる
サーブすら出すのが嫌で
相手にサーブ権を与えたくなるほど。

僕のたかが知れた舞台でそんなだから
彼女たちは全国の注目の中
ほんとによくやったなぁと関心しきりだった。



卓球女子、メンタルで一段階レベルを上げた。

そんな印象的な試合でした。

ただ一言、石川は苦戦しながらエースらしく2本
取ったが僕が思うに”石川らしさ”は
今日に限ってみると時々垣間見せた
くらいで本来ならもっともっと”らしさ”が
出てきてもおかしくないほどの潜在能力の持ち主。

明日はその部分を期待しながら観戦したい。



一方、男子お疲れ様でした。

一昨日のブログに触れたように
キーパーソンは松平。

1,2番の丹羽、水谷のどっちかが
取って3番手で松平が取れば
初めて互角の勝負になると思っていた。

今大会絶好調のエース水谷が
オフチャロフを撃沈しただけに
松平の敗戦は本当に痛かった。
結局最後まで調子上がらなかったねぇ。

男子も決勝に進出していれば
僕の予想する1,2,4,5に
水谷、松平の二枚
3番1点で丹羽での
中国との真っ向対決。



観たかったなぁ…。
エキシビジョンでもいいからやらないかな。





【デザイン一覧】

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

卓球男子おめでとう!!


flyawayM001
flyawayM001a.jpg

世界卓球が連日テレビ東京系列で放送されているが
思えば僕が選手していたころは
卓球=暗いというイメージががっつり
日本人に刷り込まれ(先日長寿番組を引退された
ある芸能人の一言がきっかけだといわれている)
ずいぶん肩身の狭い思いをしたものだ。

ここにきて愛ちゃん一人から石川、松平、丹羽などの
スター要素を持った選手が続々と現れ
少しずつ光が当たってき照るように思う。

それでもまだ中国との差はかなりのものだし
それ以前に中国人帰化選手を要する
中国以外の国にも苦戦を強いられる現状。

中国以外には負けない。

まず一歩、その領域に踏み込んで欲しいなぁ。

とりあえず不調な気配だった男子が
今頃のようにエンジンかかってきたのか
メダル確定したのであとは気負わず
かっこいいプレイを期待したい。

ずばりキーパーソンは松平。


【デザイン一覧】

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。