世界卓球2018その2


にわとりぐみC003
にわとりぐみC003






女子の準優勝に対して男子の準々決勝敗退。

明暗を分けたのはいわずもがなの選手層の厚さ。
出場枠が3人に対して女子は順番を見直す以外は
完全に選手3人を固定できるほどの盤石さ。



対して男子は水谷、張本は堅いとしても
3番手は試合ごとに残った選手を回すというオーダー。

本来であれば順当にいけば丹羽で固定したいところだが
波の激しさは相変わらずでおそらくイギリス戦での淡白な敗退で
監督としては怖くて固定できなくなったのではと推測される。



次期エースと呼ばれる張本は確かに
エース級を次々と撃破しているとはいえまだ14歳。

卓球というスポーツは相性も含めた対戦経験が重要な要素となるので
まだ経験の浅い張本が取りこぼすのは現状においては仕方のないところ。
水谷も体調が万全ではなかった(腰痛?)との情報も。



となると相手国としては絶対的なエースひとりいれば2点
まぐれでも3番手がとれればこれで勝ちにつながってしまう。

だからこそ3番目の選手の重要さが競った場面では際立ってくるのだが。



丹羽と伊藤美誠は男女の違いはあれど小柄な体格や
トリッキーなプレイスタイル、前陣速攻など共通するところがあり
ある意味ムラっ気のあるところまで似てるなと以前までは思っていたが
今となっては次元の違うところへ伊藤だけ行ってしまった感じ。

個人的には見ていていろんな意味で楽しい丹羽に期待したいところだが。
東京までに水谷が3番手で回せるくらいの選手が出てきてほしいねぇ。



【デザイン一覧】

スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

世界卓球2018その1


ワルイカンガルーC001
ワルイカンガルーC001





世界卓球が先週まで行われて
女子は準優勝、男子は準々決勝敗退という結果に。



女子は伊藤美誠が中国に一矢報いたものの
2番手以降は全てストレート負け。

女子の中国との一戦は幸いテレビで見ることができ
伊藤美誠とリュウシブンの試合ではビールを飲むのも忘れるくらい
釘づけにさせられた高速ラリーの応酬。

とくにサーブもしくはレシーブに入るときの
伊藤美誠の殺気をも漂わせる
目力の強さはテレビ越しからも圧倒させられた。



中国選手の強さは技術、体力はもちろん
ゲームの終盤9-9などの競った重要な場面で
勝ちきることができる多彩な戦術。

よく引き出しが多いといった表現がされるが
まさにここぞという場面で今までとは戦略を変え
さらに策に溺れることなく確実にポイントにする。

2戦目以降の平野、石川の試合はいずれもこの部分で
確実にポイントを取られ(毎回のことだが)敗退している。



だからこそ伊藤が第5ゲーム8-10の劣勢から逆転したのは
伊藤の多彩かつトリッキーな技術と画面越しからさえ感じた
伊藤の得体のしれない迫力、自信が
相手の絶対的な戦術に少なからず影響を与えた(はず)
非常に価値のある一勝となる。

”なんじゃこりゃ”という驚きがこの試合では何度も見られた。
見ていていろんな意味で面白かったがあらためて

”伊藤美誠すごい”。



男子については…次回
(ちなみにイラストは本文と全く関係ないのであしからず。)



【デザイン一覧】

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

検索フォーム
キーワード入力してください
デザイン登録サイト
デザイン一覧(推薦)
にわとりぐみ
ワルイカンガルーC001
ワルイカンガルー
ワルイカンガルーC001
message
messageM001
CLUBダックスフンド
CLUBダックスフンドC001
ポケまな
ポケまなC001
NIPPON
NIPPONC001
babyinbar
babyinbarC001
10pin
10pinM001
必勝達磨
必勝達磨C001
nobodyknows
nobodyknowsM001.jpg
STICKER
STICKERM001.jpg
tooCOOL
tooCOOLM002.jpg
12星座
12星座C001
DragonTribe
DragonTribeC001.jpg
BadCondition
Hic
こうみえて
こうみえてC003
FLYHIGH
FLYHIGHC003.jpg
Hic
Hic
profile
カテゴリ
visitor
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR