TG-3というカメラ(購入編)


Tシャツデザインが停滞気味な反面
あるコンパクトデジカメに興味を惹かれ
悩んだ挙句とうとう買ってしまった。
TG3.jpg

オリンパスTG-3でコンパクトデジカメの中では
ハイエンドに近い価格の4万5000円(アマゾン相場)。
高い!もちろん本体のみ。



きっかけは9月
沖縄に潜りに行ったときにさかのぼるが
相変わらずの古びたデジカメとハウジングで
撮影に挑むものの手ブレどころか
何を撮ってるのかすらわからないほどの体たらく。

思わず水中でデジカメを叩き壊したくなる
衝動に駆られるほどのひどさだが今に始まったことでない。



ログ付け(ダイビング後にテーブル囲んで
みんなでどんな魚を見つけたとか
どんな条件だったとかの記録とること)
の時にインストラクターのデジカメの液晶を見て
愕然とし思わず機種を聞いたのがこれ。(厳密に言うと旧機種のTG-2)

何に驚いたかというと
①発色のよさ
②小動物の見事なまでのマクロ撮影
を小さな液晶越しでさえ確認できたこと。

さっそく沖縄から帰国後
ネットで情報をあさりまくり
しばらく悩んだ挙句購入を決意。

アマゾン約43800円即納で
ぽちっと押すばっかりにしてあったが
いざ購入しようと目が覚めた日
いきなり1~2か月納期となって愕然。

ダメもとで近所のカメラ店に行ったら
奇跡的にアマゾン相場を下回る
40800円で販売してたので即買い。

ネットより店頭で安く買えることがあるもんだと
日頃の自分の行いに対する恩恵に感謝しながら頷いた。



次回に続く(たぶん)。



東山動植物園にあるサボテン三昧畑
PA150184.jpg

サボテンのてっぺんを顕微鏡モードで
PA150193.jpg
スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

非公開コメント