スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚愕の名采配


sowhatM003
sowhatM003.jpg

先日のsowhatM002に続いて
UPSOLDに遅ればせながらsowhatM003を投入。



それはともかく中日ドラゴンズファン
だけでなくプロ野球ファンをも驚愕させた
今回のフロント刷新を含む人事。

不人気、無愛想と散々マスコミ等から
叩かれながらも名将に至った前落合監督。

最近、取りざたされていた再登板の話。
正直、それだけでも少々驚かされたものだが
内心僕としては少し冷めていた。

なぜなら退任したときの理由が先述したとおり
勝利至上主義でファンサービスは
監督の使命ではないということに徹していた点や
フロントとの軋轢など。

再登板させる=同じことを繰り返す
もしくは落合氏にファンサービスを
含めた意識改革を求めること。

普通に考えるとどちらも現実的でない。

結局いつものうわさに過ぎず気がつけば
中日OBで落ち着くのだろうとタカをくくっていた。

そこへきて今日の発表。
谷繁新監督、落合GM就任
さらには現フロントの退陣。

すげーなーウルトラCだぎゃーと
余韻に浸っていたわけだが
しばらくして思ったのは

こんな奇策思いつくのはあの人ぐらいでは?
そう、名将落合監督。

だとしたらこの采配の草案、立役者は
やはり落合氏自身?

とにもかくにも来年が楽しみだぁ。

【デザイン一覧】
スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。